その症状を治すか治さないかは、

その本人が決めること。

 

 

そう、

残念ながら私達セラピストではありません。

 

 

私達が出来ることといえば、

ガイドしてあげることだけなんだなぁと、

最近しみじみ感じます。

 

 

 

確かに身体が楽になったとか、

痛みが感じなくなったと仰ってくださる方は

たくさんいらっしゃいますが、

それは単にその方が持ってる自然治癒力を

発揮しやすく導いたり、

滞っていた部分を通りやすくしてあげただけで、

実際に自分の身体を癒したのは

その方ご自身なんですよね。

 

 

しかし、これはエナジーを受けると楽になる!と

信じて来られてるからこそ

感じられる効果なんだと思います。

 

 

もし、エナジーなんか効くわけない!

と思っていると、多分そうなります。

結局決めてるのはご本人なんですよね。

 

 

私達セラピストはというと、

たまたまそのコツを知っていて、

身体が忘れてしまった機能や感覚を

取り戻させてあげるのに

エナジーテラピーがとても役に立つので、

それを用いて施術しているというだけに過ぎません。

 

 

ですから、

せめておかしな方向にガイドしてしまわないように、

私達も日々勉強なんです。

IMG_20151125_134039

 

 

自然治癒力とは何か?というところから始まり、

私達の身体はどのような構造をしていて、

骨や筋肉、そしてその臓器たちは

一体どういう役割を担って存在し、

なぜ痛みを訴えるのか…

 

 

こんなマニアックなことばかり学んでく内に、

身体の構造のあまりの精巧さに感動をおぼえたり、

今までいかに自分の身体に対して

負担を掛けるような使い方ばかりして来たのかと、

ただただ反省するばかりです。

 

 

そりゃ痛いはずだし、

今まで何年も耐え続けてくれたことに

驚きすら感じます。

 

 

私達の身体は食べたもので作られてることくらい

頭では分かっているけれど、

じゃあそのタンパク質は何になって、

その糖分は何のために必要で、

油はどこに使われているのか?

 

 

そんなことまで考えないので、

曖昧なチョイスで健康を気取ってみても、

その実態は自分の身体が一番よく知っているのです。

 

 

健康に意識が高い人ほど

その身体は不飽和脂肪酸で出来ている。

 

 

こんな衝撃的な事実があります。

不飽和脂肪酸いいじゃないか!

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜなら、巷ではオメガ3やオメガ6という

不飽和脂肪酸の油が、

身体に良いとされているからです。

 

 

しかし、ここ最近多くの方が抱える

原因不明の湿疹や炎症などの症状は、

この不飽和脂肪酸が原因という見方もあります。

 

 

これを摂り続けることによって

一時期に炎症を抑える効果はあれど、

これはあくまでも炎症を抑えただけに過ぎず、

炎症の原因を解消したワケではないので、

原因が解消されない限りその症状は出続ける

ということでもあるのです。

 

 

ちょっとややこしいかもしれませんが、

全ては上手にバランスを取ることが大事なのであって、

行き過ぎたものの考え方は時にチョイスを狂わせ、

私達の生活習慣や健康状態までをも

おかしな方向に導くのではないでしょうか。

 

 

そういう風に考えると、

私達が日々取り入れるべき油が

どういった油であった方が良くて、

どういったタンパク質や糖質が好ましいのかが

自ずと見えて来るようになります。

 

 

そういうことも踏まえた上で、

目の前の方の症状と向き合うことが、

私達セラピストに必要な役割の一つでありながら、

同時にそれは、そのご本人も一緒に

向き合っていただきたいことでもあるのです。

 

 

自分の身体を作ったのは他の誰でもない自分自身であって、

その身体を癒してあげられるのも

やっぱり自分自身でしかありません。

 

 

その向き合い方が分からなければ一緒に向き合いますし、

その癒し方が分からなければ癒し方を教えますし、

そういった場所で在り続けるために

日々勉強を重ねておりますので、

これからのBelamiをどうぞお見逃しなく☆

治るか治らないかは自分が決める。治療家ではない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>