近頃、東洋医学の考えが
段々と広まって来てるように思います。

その背景には原因不明の病であったり、
薬ではどうにもならない人達が急増している
という事実があるからかもしれません。

中医学は『気、血、水』の3要素によって、

臓器や各組織が正常に働き、
心身の活動が営まれると考えられています。

その中でも、嬉しいことに
“気”はエナジーで充電出来ます。
そして、“気”を鍛えるには
何よりも呼吸が大事なんですね。
『呼吸とは陰の気を吐き出し陽の気を吸い込むである』

この陰陽バランスを上手に保つには、
まず呼吸を整えることです。

呼吸の質を上げることで、
エナジーの効果も最大に引き出すことが出来るので、

私達も深呼吸をして、
気を整えてから施術に入ります。

そうすることで雑誌を追い払い、
その方の身体だけに向き合うことも出来ます。

なぜ“気”が大事なのか?

①怒りを感じると気は上がり
②喜びを感じると気は緩む
③悲しみを感じると気は消え
④恐れを感じると気は下がる
⑤寒いと気は収縮し
⑥暑いと気が漏れる
⑦驚くと気は乱れ
⑧疲れると気は消耗し
⑨頭を使うと気は固まる
この9つの症状を九気の病と言います。

このように、私達の日常にも気の流れは確かに存在し、
ちょっとした感情が私達の健康を司っているのですね。

エナジーは気を補充して、免疫を高めます。
私達はエナジーを通して健康や元気を提供し、
その方々の生き生きとした表情が、
逆に私達のエナジーとなって帰って来るのです。

この循環を大事にして行きたいと思います。
皆さまとの出会いと、エナジーの恵みに感謝して、
明日もBelamiから元気をお届けします

九つの気、“九気”のお話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>